日本留学を志す君達へ
水野外語学院 校長 清田純子
  私たちは「大学や大学院に行きたい。そのために日本語はもちろん、いろいろな知識も吸収したい」
という学生たちと一緒に勉強していきたいと考えています。
 
   「初級」「中級」はより早く、効率的に日本語学習を進めます。そして「上級」レベルに達した学生に
は、日本語の他に、幅広い分野の授業をします。DVDなどビジュアルな教材を活用し、「日本史」は
縄文期から、「世界史」は地球の歴史から始めて20世紀、そして、「今」を見ていきます。「文学」は、
古典も多少入れながら、指導していきます。その他にも「時事問題」、「科学」などニュースとして
際だったものは随時取り入れていきます。
 
   生活で、日本に来てまず困るのが、アルバイト探し。日本語が多少できても、日本の習慣や日本人の
反応がわからなければ、戸惑ってしまいます。「日本人はこう言ったけど。」と学生が言って来れば、私
たちはその時の状況、場面などから、おそらくはこういう意図でその日本人は言ったに違いないと類推
し、その時々の対応を指導します。
 
   このような練習を繰り返せば、アルバイトの面接に行った時、必ず採用されるようになるでしょう。
その頃には、「日本と私の国では違う。自分たちは普通こうするのに日本人はああする」など、
異国で暮らす上で必要な「現実」を見る目が、養われていることになります。
 
   一年に二回大学が入学試験に利用する「日本留学試験」があります。日本語の他にも「数学T、U」、
「日本と世界(総合科目)」、「化学」や「物理」、「生物」などの試験があり、志望大学、専攻分野で
必要とされる科目を選択して、受験します。この専門科目の試験対策は「上級」からになります。
 
   「日本留学試験」の高得点者には、奨学金がもらえます。勉強を中心に据え、頑張っていくうちに、
すべてがうまくいきはじめるのです。経済的に余裕を持って希望する大学や大学院に入れば、自らの
能力を十分に発揮することが出来るでしょう。
 
   私たちの学生がそうなることが、私たちの願いなのです。